診療所、クリニックの仕事内容はなんとなく理解できたでしょうか。次は病院について説明していきたいと思います。簡単に診療所、クリニックと病院の違いを言うと病床があるかないかの違いです。正確には、19床以下の医療機関を診療所・クリニック、20床以上の医療機関を病院と言います。ただ、病床がある診療所・クリニックはそれほど多くないです。なぜなら、医師一人の医療機関で入院施設まで持ってしまうと365日医師が一人で外来診察と入院患者さんを診なければなりません。医師も人間ですので、体力的にも無理な話しです。

病院には小さな病院から大病院までありますが、それぞれの役割が違います。小さな病院には専門特化した病院が多くあると思います。専門特化した病院とは得意な診療科を強化している病院の事を言います。わたしの地域にも、スポーツ外傷に強い病院があります。スポーツについて有名な医師がいるため、その医師を求めて県内のみならず県外からも訪ねてくるほどです。もとろん専門特化した診療科だけでは空床が出てしまうため、大病院で落ち着いた患者さんを受け入れる事で安定した病床稼働率を維持しています。

続いて、大病院についてです。大病院にも様々な種類の病院があり、来院される患者さんを断らない病院や紹介状が無ければ、受診ができない病院があります。大病院には様々な診療科があり、最新鋭の医療機器や有名な医師がいたりするので、まずは大病院にかかろうという患者さんが多くみられます。どのような医療機関にかかるかは患者さんの自由ですので、そのような受診の仕方は間違いではありません。しかし、国では地域完結型の医療を目指しているのも事実です。大病院に受診するとどうしても医療費がかかります。現在の医療制度だと高額療養費制度があるため、先進医療を受けない限りは自己負担額が一定です。ただし、自己負担以外の部分は保険者へ病院から請求します。例えば、医療費としては100万円かかったとしても自己負担額が10万円程度なんてことは良くあることです。国では、この社会保障費が現在膨らんでいるため、まずはかかりつけ医を見つけて何か専門的な精査が必要な場合に大病院へと紹介するシステムを進めています。大病院の特徴としては、効率よく入院患者さんを入退院させることが効率的な経営へと繋がります。なので、専門治療が必要な患者さんや手術後落ち着いた患者さんを地域の医療機関へと転院させます。

このように、病院といっても様々な種類の病院がありますが、病院での医療事務の役割も様々です。病院での医療事務は課ごとに分かれます。診療所、クリニックで行うような作業は医事課という部署で行います。それ以外にも他院との連携を取る医療連携室、職員の給料や異動を管理する人事課、お金の計算をする総務課など細分化されています。次回は、そんな病院での医療事務の仕事内容について説明していきたいと思います。