今回は病院の仕事内容について説明していきたいと思います。前回も簡単に説明しましたが、病院の医療事務といっても様々な課があり、また課ごとに細分化されています。では、病院にはどんな課があると思いますか。

まず、病院には、診療所、クリニックと同じく「受付」、「窓口」、「請求事務」を行う医事課があります。新人が配属されやすい職場が医事課だと思います。医事課職員医事課は病院の心臓です。病院で行われる医療行為を正しく算定し、患者さんからお金をいただきます。また、算定した診療行為を分析して診療報酬のアップを目指します。病院でしか行わないことといえば、入院病棟があるため病棟担当の職員がいます。病棟担当の医事課職員は病棟患者さんの入院会計、書類関係の処理、病棟主催の会議の調整などがあります。入院会計は病院の収入の中でも最も大きいところなので、正しく診療報酬を算定しなければ、査定(減額)されてしまいますので、保険者へ請求してもお金がもらえません。査定が多い病院は国家資格を持った医師、看護師が行った診療行為が正しく請求できないため経営が悪化します。医事課は、患者さんにとっての顔であり、病院の心臓であり、最大の経営戦略部門と言えます。

さて具体的な医事課の仕事内容ですが、まず受付があります。患者さんの提示した保険証を確認し氏名、生年月日、住所、電話番号、保険証の番号を正しく登録します。続いて会計です。会計は患者さんの当日の会計処理はもちろん未収者への請求があります。さらに、いくらの診療報酬があったか分析します。最後に、請求事務です。請求事務作業は当月分の診療報酬が正しく計算されているか、算定忘れはないかを、レセプトという形で翌月の月初めにチェックします。病院では様々な診療科があるため、科ごとに分かれてレセプトをチェックします。なので、毎月同じ診療科を担当する事でその科のスペシャリストになれます。担当科の査定が少ないとやる気も出てきます。意外にも、医師や看護師は算定についてよく理解していない場合があるので、医事課職員が正しい算定方法を教えてあげましょう。

そのほかに、病院には人事課や総務課、病診連携課、業務課、広報課、秘書課、施設課などがあります。それぞれ簡単に説明します。人事課は職員の給与計算、税金の関係、異動、採用についての仕事があります。総務課は病院全体のお金の管理と病院としての行事などがあります。病診連携課は病院と病院、病院と診療所を繋ぐ職場です。その名の通り、他医療機関と連携を図り予約を取得する事や、救急の受け入れ、転院調整等があります。業務課は医療材料の購入、管理や業者との折衝、備品購入、管理があります。広報課は病院のアピール、秘書課は医師のスケジュール管理や医師の相談業務、施設課は物品破損の修理、院内のシステム関係、院内施設の整備があります。

このように、病院での医療事務は多種多様な仕事があり、課が違えば全く違う仕事となります。医療事務のイメージとはかけ離れた仕事もあるかもしれませんが、最終的に病院経営に寄与していると思えば、どのような仕事であれ医療事務の仕事と言えるでしょう。