みなさん、こんにちは!今回は「クラウドソーシングという在宅ワークをするにあたってわたしが重要視していること、大切にしていること」についてお話したいと思います。

在宅ワークとは家に居ながらパソコンを使って仕事をすることをいいます。BtoC(企業と一般消費者)マッチングサイトを使用し仕事を行っています。

そのマッチングサイトが「ランサーズ」です。

わたしはランサーズとクラウドワークスの2サイトを使っていますが、ベースかつメインはランサーズを利用しています。クラウドソーシングは企業や個人が「○○円〜○○円の間で○○してほしい」という「依頼」に対して、わたし達のような一般の人が「わたしは○○をすることができます!○○円でいかがですか?」と「提案」し、意向が合えば正式に依頼を受け仕事を行い報酬を得ると

いうものです。

詳しいお仕事内容やジャンルなどについてはまた別の機会にご紹介します。

そしてここからは今回のタイトルにもあった「重要視していること、大切にしていること」についてお話します。

まず、「自分の長所とどのくらいマッチングしているのか」を重要視しています。

多数の依頼が並んでいる中で実際に提案をしてお仕事をすることになったタイミングで「やはりできない」とお断りすることになるケースを避ける為にも必ず依頼内容を何度か読みながら「この案件でわたしが最低限できること」を考えます。

当たり前のことと言えば当たり前のことですが、目先のことにとらわれてむやみに提案をしてしまうとクライアント様に迷惑をかけてしまう他、自身の評価

を下げてしまったりモチベーションが下がってしまいます。特にランサーズなどはお仕事をする前にクライアント様に「エスクロー入金」という仮入金をしていただくシステムになっています。

せっかく仮入金をしたのに、お金が返ってくるからとはいえ仮入金のための手続きの手間や時間は返ってきません。そういったトラブルを回避するために自分の長所とのマッチング度を見ています。

次に、「チャレンジすること」。実はわたしは家にパソコンを置いていません。すべてのお仕事をiPhoneで行なっています。あえてiPhoneでお仕事をしているのではなく、理由としては単純にパソコンを壊してしまって買い換える余裕もないというものですが。クライアント様にはいつも「iPhoneで全部やってるの!?すごい!」と驚かれます。

ランサーズにあるお仕事にはパソコン必須、という条件付きのものがあります。そういった場合はすっぱり諦めますが、特に記載がない場合は積極的に提案を

しています。まだまだ普及していないからか、パソコンがないと仕事ができないのでは?と思われがちですが、ほとんどのお仕事はパソコンがなくても対応できるんです!

ワードやエクセルを始めチャットワーク、スプレッドシート、Dropbox、ワードプレスなどはアプリがリリースされています。PDFファイルを閲覧することも可能ですし、zipファイルの解凍もアプリで行えるのです。

パソコンでしかできない作業のリカバリー方法なども探せばあるので、その旨を伝えて提案をしています。クラウドソーシングは自分で仕事を探し、契約をしなければいけません。やればやった分が報酬につながるので、できないからといってスルーするよりも「iPhoneだからこその利点」をまじえたリカバリー提案でチャレンジすることを大切にしています。

実際に仕事を始めた後も「意見をしっかり伝える」という点を大切にしています。在宅ワークは職場(環境)が家であり、環境作りも自分で行わなければいけません。

マニュアルに沿って仕事をしながら「このやりかたの方が効率よく仕事が進む」とか、「このやりかただと仕事がやりづらい」という意見が生まれた場合はクライアント様に直接その意見と解決策を伝えています。

実際に今まで行っているお仕事の中にも何度か意見を伝え、マニュアルを改変していただいたり対応をしてもらった案件も多くあります。クライアント様との密なやりとりとお仕事に関するコミュニケーションを積極的に取り、お仕事をしやすい環境作りを心がけています。

以上の理由から「自分の長所とどれくらいマッチングしているかを見る」「チャレンジする」「意見を伝える」この3点をきっちり心がけることを在宅ワークを行う上でとても重要視しているのです。