医療事務って何?どのような仕事を行うの?給料は安いの?これから医療事務の仕事に従事してみたいけど良く分からないといった方に私の医療事務の経験が参考になればと思います。

まず、医療事務の仕事内容を想像できますか?私の医療事務に従事する前のイメージは「受付」、「会計」、「電話対応」、「女性が働く場所」などのおそらく誰もが想像するようなイメージでした。人員だってそれほど必要ないし、医師と看護師がいればなんとかなるだろう、そんな勝手なイメージでした。しかし、実際に医療事務として働いてみると、医療事務の重要性や医師、看護師をしっかりサポートしていく、無くてはならない職業という事に気づかされました。

では、みなさんはどのような動機で医療事務を始めますか。医療に興味がある、広告などで求人が出ていた、大手通信教育で資格を取得したのをきっかけに始めようと思った、など様々な理由が挙げられます。他国に比べて、クリニックや診療所が多く存在する日本では医療事務の求人は多く、門戸は広い職業だと思います。比較的、資格があれば雇ってもらいやすいイメージはありますが、資格が無くても十分行えます。お恥ずかしいですが、わたしは普通自動車免許しかもっていませんでしたが、病院に採用していただきました。私の同期の中でも医療の有資格者は10人中1人でしたので、医療事務は素人でも行えて、大変奥の深い仕事です。

なんとなく医療事務の仕事をしたいという方は、ぜひ医療業界に足を踏み込んでみてはいかがでしょうか。自分自身の小遣い稼ぎ程度で始めようと思っていた職業が、いつの間にか医療の知識が得られ、保険制度を理解することで賢く医療機関にかかる事が出来ます。これから少子高齢化がどんどん進み保険料は今よりも確実に上がります。そんな時に、医療事務としての経験があると無駄な医療費を抑えることができます。もし、医療事務に興味があるのならば自分のため、愛する家族のため一度働いてみてはいかがでしょうか。